新潟で最も印象的だった、「星峠の棚田」だとか

新潟に行った従兄弟に聞いた話です。

「以前旅行した新潟について~最も印象的だった、観光エリアとして、「星峠の棚田」が挙げられます。

星峠の棚田とは、数ある新潟県の棚田の景色の中でも、1番素晴らしい観光スポットなんだそうです。

わたし達家族4人は、あまりにキレイな絶景であった為、思わず驚いてしまいました。

その棚田を見ているだけなのに、何だか凄く癒されて来て、同時に精神的に、とても落ち着く事が出来ました。

この棚田の景色では、朝方・夕方・夜中などにおいてでも、全く異なる美しい風景へと、表情を大きく変化させておりました。

わたし達家族4人は、6月の中旬頃に、星峠の棚田へと訪れたのですが、水が張っている棚田には、空や周りの風景に、太陽の光りなどが、上手く映り込んだりして、例えようがないほどの、キレイな景観などを、はっきりと拝見出来たりしました。

特に朝方に発生する、霧の中にある棚田は、大変幻想的な光景だった為、わたしはこの絶景に、思わずうっとりしてしまいました。

次の日には、「高田城・高田公園」へと出掛けて行きました。

高田城とは、徳川家康の六男にあたる、松平忠輝が住む為に、建てられたお城なんだそうです。

伊達政宗がこの工事現場の監督となり、指揮していた事で、知れ渡っている、有名なお城であるのだそうです。

現代では「高田公園」の名称として、新たにきちんと整備されていて、なくなってしまった高田城の象徴であった、「三重櫓」がしっかりと、再構築されておりました。

公園の中には、お城の周辺をめぐらせた、壁や石垣の一部分などが、そのまま残っていました。

大昔の物が現在に至ってでも、姿を全く変える事などなく、ちゃんと残っていた為、わたしと旦那は、感心しながらも、これには、さすがにびっくりしてしまいました。

公園内でお仕事している、スタッフの人の話しだと、高田公園は、美しい桜が咲き誇る名所として、地元の人々を中心に、大人気のスポットでもあるんだそうです。

わたしはその事を聞いて、今度は花見目的により、この観光地を、是非訪問したいなと思いました。」